双葉保育園(福岡県中間市)倉掛冬生くんバス閉じ込め熱中症死亡事故

双葉保育園(福岡県中間市)倉掛冬生くんバス閉じ込め熱中症死亡事故

双葉保育園(中間市)の口コミが消えてる?内部者が語る「妊娠してはいけないルール」

福岡県中間市で起きた「双葉保育園5歳児バス死亡事故」。 こちらの事件は、保育園の送迎バスの中に5歳の男の子が炎天...
双葉保育園(福岡県中間市)倉掛冬生くんバス閉じ込め熱中症死亡事故

浦上陽子園長の年齢や家族は?双葉保育園(中間市)5歳児バス死亡事故の概要や原因まとめ!

双葉保育園(中間市)5歳児バス死亡事件とは、2021年7月29日に福岡県中間市にある双葉保育園のバス内で5歳児の倉掛冬生(とうま)ちゃんが亡くなった事件です。 その時バスを運転していた双葉保育園長の浦上陽子は、何故冬生ちゃんの存在に気付かなかったのか、次々と明らかになる真実を徹底解説します。
双葉保育園(福岡県中間市)倉掛冬生くんバス閉じ込め熱中症死亡事故

双葉保育園の園長はわざと閉じ込めか!親族が語る「7人ではなく3人だった」

福岡県中間市の双葉保育園の送迎バスに5歳の倉掛冬生ちゃんが取り残され、熱中症による脱水症状で死亡した事件。 バス送迎によるマニュアルの是非や管理体制の杜撰さが問われ、問題になっているほか、保護者や元職員などの証言から閉じ込めは園長がわざと行った行為ではないかとの疑惑も浮上しています。 事件当日送迎のバスには、7人乗っていたと報道されていますが、冬生ちゃんの祖母が3人と証言していることもあり、真実はどちらなのか証言などを元に調べてみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました