大津ジャングルジム死亡女児の兄

大津市ジャングルジム死亡女児の母親の顔や年齢!「水商売のネグレクト(育児放棄)」

大津市ジャングルジム死亡女児 母親 大津ジャングルジム死亡女児の兄

大津市ジャングルジム死亡女児の兄が逮捕されたことで、家庭環境などが少しずつ明らかになってきました。

兄は数日間、妹に暴行を加えましたが、その際母親は何をしていたのか。

職業は水商売でネグレクト(育児放棄)の可能性はあるのかご説明します。

大津市ジャングルジム死亡女児の事件概要

大津市の無職少年(17)が自宅で小学1年の妹(6)を暴行し死亡させたとされる事件で、傷害致死の疑いで逮捕された少年が、滋賀県警の調べに対し、容疑を認め、「妹の世話をするのがつらかった」との趣旨の供述をしていることが6日、関係者への取材で分かった。母親は留守がちだったといい、県警は家庭状況や暴行の動機などを詳しく調べている。

引用元:京都新聞
日付出来事
2021年7月下旬ごろから8月1日自宅で妹に暴行を繰り返す
2021年8月1日ジャングルジムから妹が落ちたと兄が助けを求める
2021年8月4日傷害致死の疑いでMちゃんの兄を逮捕
2021年8月6日「妹の世話をするのがつらかった」容疑を認める

このとき数日に渡って兄は妹に暴行していますが、果たして母親は何をしていたのでしょうか。暴行していた事実を知らなかったのか、それとも黙認していたのか。母親について詳しく見ていきましょう。

大津市ジャングルジム死亡女児の母親の顔や年齢!

女児Mちゃんの母親の名前や顔画像は公開されていません。しかし近所の方の証言によると、40代くらいの色白な女性みたいです。一緒に住んでいた男性は60代くらいの短髪男性だそう。

もし今後逮捕されるようなことがあればおのずと詳細や顔画像が出ると思いますが、現在は何の罪もありませんので公式に詳細や顔画像などを出すことはないでしょう。

8月17日追記

母親は大阪出身の41歳。
色白で綺麗な茶髪。見た目は41歳より若い。
最近まで介護施設で働くが、今年5月に退職。

大津ジャングルジム死亡女児の父親は経済的援助をしてなかったのか!「母と兄は加害者だが被害者でもある」

大津市ジャングルジム死亡女児の母親は兄の暴行を見逃していたのか!

大津市ジャングルジム死亡女児事件で亡くなったMちゃんは、兄の暴行によって外傷性ショックで亡くなったことが分かりました。兄の供述では、「妹の世話が辛かった」と話しています。暴行は7月下旬から亡くなった当日の8月1日まで行われていましたが、母親はそのときなにをしていたのでしょうか。

家族環境
  • 2020年10月に男性と今の家に引っ越してきた
  • 2021年4月から母親と兄、妹の3人で暮らし始める
  • それまでは経済的な理由で兄と妹別々の児童養護施設で暮らしていた
  • 妹の世話は兄が常に見ていた
  • 母親は家を留守がちで、夜に兄弟で徘徊するなどして補導されている

今分かっている家庭環境から見て、母親は暴行の経緯を知らなかった可能性があります。家を留守がちで暴行された数日間は子どもたちに会っていなかったとしたら、今回の事件を知ってかなり驚いたと思います。しかし妹には、全身に100ヵ所にものぼる皮下出血があったみたいなので、もし家にいたとしたら暴行を黙認していた可能性は高いです。こんなにアザがあるので知らなかったでは通せないでしょう。

8月17日追記

母は7月22日から事件当日まで仕事で大阪にいた。その間一度も家に帰っていない。
ある程度お金は持たせていたが心配になり近所の方に連絡して1000円を渡してもらった。

水商売で働いていてネグレクト(育児放棄)の可能性

8月17日追記

母親は今年5月まで介護職で働いていた。
5度の結婚歴があり、子どもは全員で4人。
17歳の長男と高校1年生の次男、6歳の長女と3歳の三男。亡くなったMちゃんは長女で逮捕された兄は長男です。次男と三男は今も児童養護施設にいます。


「育児放棄したという気持ちはありませんが、それでも悪いのはすべて私だと思います。」(母親)
長男が罪を償ったらまた一緒に暮らしたいと話しています。

ネットの意見はこちら。

高校中退したから、養護施設に居られなくなったとかじゃないの?
高校行ってないとダメじゃなかったっけ?

たぶんそれだよね
中退して施設出されて行先なくて母親の元へ
妹は小学校入学タイミングで母親の元へ戻されタイミングがかぶったとか

そして児童養護施設の退所の目途はこちらです。

原則として就学者が対象。言いかえると、高校や大学へ通学していることが前提とされています。たとえば、中退した場合は、仕事を探すなどして施設を退所しなければならないルールがあるのです。

引用元:SSS

施設にもよるかとは思いますが、このような退所ルールがあったのです。Mちゃんの兄は高校を中退していることから児童養護施設を退所になって母親と一緒に暮らし始めた可能性も高いです。このままいけば幸せな生活が待っていると思っていたはずが、まさか母親にネグレクト(育児放棄)の疑いがありました。母親がネグレクト(育児放棄)と疑われている証拠は、兄弟でコンビニ深夜徘徊。

県警によると、兄妹は母親との3人暮らし。7月21日未明、コンビニに兄妹だけで訪れ、不審に思った店の関係者が110番通報していた。警察官がかけつけ、児童相談所に通告したという。当時、妹に目立ったけがは確認できなかったとしている。また、兄妹について、以前に通報などを受けたこともなかったという。

引用元:朝日新聞

通報されたときに児童相談所にも話がいっていて、8月4日に母親と面談する予定だったとか。しかし今回の事件で話を聞けないままでいるみたいです。どちらにしても妹の全身に100ヵ所にものぼる皮下出血を黙認していたら逮捕されるだろうし、ネグレクト(育児放棄)だった場合も何かしら対処されるでしょう。

母親の情報は分かり次第、追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました