「ポッサム-運命を盗む」のキャスト・相関図を【画像付】で徹底解説!主演はチョンイルとユリ(少女時代)

スポンサーリンク

「ポッサム-運命を盗む」は、ポッサムをする業者が間違えて姫を連れてくるところから始まるロマンス時代劇です。

大津さん
大津さん

チョンイルとユリ(少女時代)が主演を務めているよ。

ぴーすけ
ぴーすけ
この記事で分かること
  • 「ポッサム-運命を盗む」のキャストを【画像付】で一人ずつ詳しく紹介
  • 「ポッサム-運命を盗む」の相関図を分かりやすく日本語翻訳
  • 韓国での放送情報やあらすじ

「ポッサム-運命を盗む」放送情報

「ポッサム-運命を盗む」韓国での放送情報はこちらです。

「ポッサム-運命を盗む」放送情報
  • タイトル:ポッサム~ウンミョンウル・フムチダ(ポッサム-運命を盗む)
  • 原題:보쌈-운명을 훔치다
  • 放送局:MBN
  • 放送開始:2021年5月1日(土)
  • 放送日:毎週土曜、日曜21:40~

「ポッサム-運命を盗む」相関図

「ポッサム-運命を盗む」の相関図を分かりやすいように日本語翻訳しました。


※画像を使用する際はこちらのリンクを貼ってください。
https://www.fits-otsu.com/possamu-cast/

画像引用元:MBN

それでは一人ずつ紹介していきますね。

「ポッサム-運命を盗む」キャスト

「ポッサム-運命を盗む」のキャストを画像付きでご紹介します。

ドラマを見る前に参考にされてください。

バウ/演:チョン・イル

画像引用元:MBN

バウはどんな役?
  • 賭け事・盗み・ポッサムなどをしてお金を稼ぐチンピラ
  • 妻が同じ村に住んでいた友人と浮気、息子を置いて出ていってしまい性格が変わった
  • その後、人間不信になり特に女性のことは絶対に信用しなくなる
  • 愛情表現をするのが苦手なだけで誰よりも息子を愛している
  • 元の名前はキム・デソク
  • 子供の頃にイ・イチョムの謀略に巻き込まれて以来、自分の身分を隠したまま生きてきた
チョン・イルのプロフィール
  • 名前:チョン・イル(정일우)
  • 生年月日:1987年9月9日
  • 出身:韓国 ソウル
  • 身長:184㎝
  • 血液型:O型
  • 事務所:9atoエンターテインメント
  • インスタjilwww
チョン・イルの主な出演ドラマ
  • 「美賊イルジメ伝」2009年
  • 「美男ラーメン店」2011年
  • 「黄金の虹」2013年
  • 「夜警日誌」2014年
  • 「ステキな片想い」2015年
  • 「カイチ」2019年
  • 「夜食男女」2020年

スギョン/演:クォン・ユリ(少女時代)

画像引用元:MBN

スギョンはどんな役?
  • 光海君の娘で翁主
  • 幼い頃からイ・デヨプが好きだったが政治的な理由で彼のお兄さんと婚約させられてしまい、その後すぐに夫が亡くなる
  • 大胆な性格で幼い頃から男の子にも負けない強さを持つ
  • 翁主という立場だが本人は望んでいない
  • 品位・翁主・装飾で自分を覆ったまま生きていた時にバウと出会う
  • 次第に邪魔なものを剥がし、自分自身を見つめ始める
クォン・ユリのプロフィール
  • 名前:クォン・ユリ(권유리)
  • 生年月日:1989年12月5日
  • 出身:韓国 ソウル
  • 身長:167㎝
  • 血液型:AB型
  • 事務所:SMエンターテインメント
  • インスタyulyulk
クォン・ユリの主な出演ドラマ
  • 「ファッション王」2012年
  • 「恋するシャイニング★スター~気になる彼は星いくつ~」2016年
  • 「町のヒーロー」2016年
  • 「被告人」2017年
  • 「チャングムが見ている」2018年

イ・デヨプ/演:シン・ヒョンス

画像引用元:MBN

デヨプはどんな役?
  • イ・イチョムの息子
  • 幼少期に王子たちと友達になるため宮殿に通い、スギョンを目で追っていた
  • スギョンへの思いは大人になるにつれ大きくなる
  • ある日、兄の妻の実家に現われた彼女を見て絶望
  • 兄が死んだ後に1人になった彼女を見て、再び思いが込み上げる
シン・ヒョンスのプロフィール
  • 名前:シン・ヒョンス(신현수)
  • 生年月日:1989年7月8日
  • 出身:韓国 ソウル
  • 身長:187㎝
  • 血液型:O型
  • 事務所:Willエンターテインメント
  • インスタSHINTOP20
シン・ヒョンスの主な出演ドラマ
  • 「12夜」2018年
  • 「ウラチャチャ・ワイキキ2」2019年

イ・イチョム/演:イ・ジェヨン

スポンサーリンク
画像引用元:MBN

イチョムはどんな役?
  • デヨプの父親で大北派のリーダー
  • 永昌大君を世子にしようとする宣祖を毒殺
  • バウの祖父であるキム・ジェナムを苦しい立場に追い込み、事件を起こす
  • バウ家を全滅させた人物
  • 今はデヨプを全面に出し、クァン・ヘグンを退位させたいと思っている
イ・ジェヨンのプロフィール
  • 名前:イ・ジェヨン(이재용)
  • 生年月日:1963年3月21日
  • 出身:韓国
  • 身長:180㎝
  • 血液型:A型
  • 事務所
  • インスタ:なし
イ・ジェヨンの主な出演ドラマ
  • 「奇皇后」2013年
  • 「ホジュン~伝説の心医~」2013年
  • 「テバク~運命の瞬間」2016年
  • 「パンドラ 小さな神の子供たち」2018年

クァン・ヘグン/演:キム・テウ

引用元:MBN

ヘグンはどんな役?
  • スギョンの父親
  • イチョムが宣祖を毒殺したことで王となった人物
  • だが、彼に王権を脅かされている
  • どんな手を使ってでも王権を守ると考えている

キム・ゲシ尚宮/演:ソン・ソンミ

画像引用元:MBN

ゲシ尚宮はどんな役?
  • ヘグンから気に入られている影の実力者
  • 宮女でありながら国政と頻繁に関わり、売官売職を行うなど国政を大きく混乱させた
  • スギョンを政治的に利用したあと、彼女が自分から逃げるように仕向ける
  • 機敏で悪賢い人物

ヘインダンイシ/演:ミョン・セビン

画像引用元:MBN

ヘインダンイシはどんな役?
  • イチョムの妹
  • いつもデヨプの味方で、自分と似たような境遇のスギョンを決して利用しない穏やかな人物
  • 兄のイチョムが息子のことを権力争いのためだけの存在だと思っていることを知っている
  • 父親からの愛を欲しがるデヨプに心を痛めている

ジュンべ/演:イ・ジュニョク

画像引用元:MBN

ジュンべはどんな役?
  • バウの友人
  • 身分を隠して生きているバウに対し、実兄のように接してきた
  • チョ尚宮が宮を出ても一生結婚できない身分であると知らずに彼女に好意を抱いている

チョ尚宮/演:シン・ドンミ

画像引用元:MBN

チョ尚宮はどんな役?
  • スギョンの乳母で引退した尚宮
  • スギョンの生みの親である昭儀尹氏との縁でスギョンのそばにいる
  • 彼女の助けとなる人物

昭儀尹氏/演:ソ・ヒチョン

画像引用元:MBN

昭儀尹氏はどんな役?
  • スギョンの母親
  • 死んだと思ったスギョンが生きていると知り助けようと努力する
  • しかし、なかなか思うようにいかず苦労する

キム・ジャジョム/演:ヤン・ヒョンミン

画像引用元:MBN

ジャジョムはどんな役?
  • ゲシ尚宮に運命をかけ兵曹佐郎になる
  • 敵対勢力に復讐すべくイチョムの弱点を探し、スギョンの仕事を調べている
  • バウの後を追っている

チャドル/演:コ・ドンハ

画像引用元:MBN

チャドルはどんな役?
  • バウの息子
  • 厳しい生活環境と未熟な父親の影響で早熟してしまう
  • 父親のことは好きだが、まだ母親を忘れられていない

「ポッサム-運命を盗む」スタッフ

「ポッサム-運命を盗む」のスタッフをご紹介します。

演出:クォン・ソクチャン

クォン・ソクチャン監督・脚本・演出の主な作品
  • 「お向かいの彼女」2003年
  • 「結婚したい女」2004年
  • 「キツネちゃん、何しているの?」2006年
  • 「カクテキ~幸せのかくし味~」2007年
  • 「パスタ~恋が出来るまで~」2010年
  • 「マイ・プリンセス」2011年
  • 「ミス・コリア」2013年
  • 「甘くない女たち~付岩洞〈プアムドン〉の復讐者」2017年

脚本:キム・ジス

キム・ジス監督・脚本・演出の主な作品
  • 「明日は愛」1992年
  • 「ドクターズ」1997年
  • 「英雄神話」1997年
  • 「バッド・ボーイズ」2000年
  • 「スカーレットレター~裏切りの代償~」2010年
  • 「それでも青い日に」2015年
  • 「産後ケアセンター」2020年

脚本:パク・チョル

パク・チョル監督・脚本・演出の主な作品
  • 「愛してるから」1997年
  • 「前妻が隣の部屋に住む」2008年
  • 「それでも青い日に」2015年

「ポッサム-運命を盗む」あらすじ

ポッサム=朝鮮時代に男性が寡婦を連れ去って再婚すること

息子チャドルのためならどんなこともするバウは。

生計を立てるためにポッサムの仕事をしていた業者がある女性を連れてきました。

その女性とバウはポッサムしますが、実は間違えて連れてきてしまった姫でした・・。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました